2022/05/16

香りに包まれたバラと木と花の競演

一年で一番華やかなバラの季節です。

振り返ると7年の月日が過ぎていました。
横浜緑園都市から横浜の端のほうへ場所を移して
変わらずに花を愛でています。

我が家・周りの雰囲気、環境と云った日常から受けるものに寄り添って、
少しずつ、答を出しながら形にしています。
無駄に時間だけが過ぎていく、終わりの無い庭造りです。

この花の素敵な季節では、
いつまでも窓から見ていられる景色、
外に出ては見入ってしまう花の表情に負けてしまい。
作業どころではありません。

そんな一コマを記録しました。
よかったらご覧ください。


IMG_4919b.jpg

このコーナーの主役でしょうか。
Old Rose ルイーズ オディエ Louise Odier
紫色を帯びたピンク色で浅いカップ咲きから、開くにつれクォーターロゼット咲きになります。
中輪の花は花数も多く強いダマスク系の香りが魅力です。
ついつい鼻を近づけて香ってしまいます。

とても強健でシュートもよく発生します。
枝はしなやかなで誘引もしやすいので自由な空間づくりができました。







IMG_4922b.jpg

こちらは緑園時代にもありましたが、
外すことの出来ない大好きな白バラです。
Climbing Rose アイスバーグ Ice berg
とても強くてよく伸びます。花もたくさん咲きます。優秀です。
少し明るめの葉に透明感のある真っ白な花が爽やかな品のある空間を演出してくれます。

一緒にあるのはアメリカハナズオウのフォレストパンジー。
落葉の低木、新緑時から展開する鮮やかなブロンズリーフは、
夏にかけて見事な存在感を発揮します。

春先に咲かせるピンクの小花は何とも不思議な咲き方です。



 



IMG_4810b.jpg






IMG_4927b.jpg




IMG_4925b.jpg

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ニコチアナ ラングスドルフィー
価格:330円(税込、送料別) (2022/5/17時点)




IMG_4921b.jpg


西洋ニワトコブラックレースがしっかり根付いてくれて毎年いい味を出しています。
落葉の低木なので、冬場は葉を落とし存在を消してしまいますが、
春先からダークで繊細な切れ葉を展開します。
少し暴れながら伸ばす枝、
そのおかげで先に付ける細かな花は程よい感じで空間をまとめます。
おしゃれなお庭に是非おすすめの花木です。




IMG_4923b.jpg

IMG_4918b.jpg

千草園芸































iPhoneから送信
2011/10/17

ミニマリズムガーデンのリフォーム

先週終わったガーデンリフォーム。
12年ほど前にデザインしたお庭の、
デッキやフェンスの傷みがひどくなったので、
リフォームのお話をいただきました。

T’s Garden Healing Flowers‐ガーデンリフォーム・ウッドデッキ

12年も前ですと、イペ材もほとんど出回っていなかったので、
注入のツーバイフォー材などを使っておりましたが、
10年を過ぎますとリフォームも必要です。
今回デッキ部分はイペ材に総取っ替え!

T’s Garden Healing Flowers‐ガーデンリフォーム・ウッドデッキ

今回のウッドデッキでは新しい試みを2つ、
イペ材の面取りと塗装で、
本来イペ材と云うのはプレーナーがかかっていて表面の綺麗な板材なので、
ただ張り付ければいいのですが、
2.5分のRの面取りをして、
イペ材の堅いイメージを和らげました。

仕上げも無塗装でよいのですが、
シルバーグレーにしたかったので、
オスモカラーを使って、
深みのあるいい感じに!。。。(^_^)v

T’s Garden Healing Flowers‐ガーデンリフォーム・ウッドデッキ

オスモカラーはドイツの塗料で、
塗膜を作らないので、
ひび割れや剥がれがなく、
塗り重ねが綺麗に出来る優れものです。

ひたすら塗りこむ手数が必要ですが、
仕上がりの色味は素晴らしいものがあります。。。。(^~^)

T’s Garden Healing Flowers‐ガーデンリフォーム・ウッドフェンス

ウッドフェンスについては板張りの板以外をイペ材に替えました。
支柱の角材と、
もともとあったワイヤーメッシュはイペ材を加工して、
格子に組んで板張りとの一体感を出しました。

T’s Garden Healing Flowers‐ガーデンリフォーム・ウッドフェンス

私にとって初期の作品ですが、
自分の作品の中で、特にお気に入りの庭の一つです。
決して広くはありませんが、
スケール感と構成がうまくいったのかな?!(*^▽^*)

T’s Garden Healing Flowers‐ガーデンリフォーム・ウッドデッキ

こうしてお茶をいただいていると、
とても居心地がよくて、落ち着きます。
Healing Garden
2011/08/03

イペ材のウッドフェンス

7月は暑かったり、寒かったり、台風が来たり、梅雨明けが早かったり、、、、
そんなことで久しぶりのブログでございます。

梅雨明けが早かった為に、
消化不良のようなセールで今年前半の営業を終えたのが残念です。

ウッドフェンスを依頼されたお客様に、
梅雨明けまで待って頂いていたので、
例年より早い梅雨明けは計算外でした。

そんなフェンスの仕事も天候不順で、
2週間近くかかってしまって、

T’s Garden Healing Flowers‐ウッドフェンスの庭

こちらの南側の隣家は、敷地が70センチくらい高くなっていて、
窓越しに常に見下ろされる、プライバシーが保てないことから、
高さ約2.4メートルの立派なフェンスを作ることに、
材質は高耐久性のイペ材で、メンテナンスフリーです。
板の隙間は10ミリ、通常板厚と同じくらいの20ミリですが、
実際貼って見ると、20ミリでは見えると云うことで、
10ミリに張り替えました(泣き)

それと合わせて、水はけの悪いお庭は周年コケに覆われていて、
植物の育ちが悪いことから、レンガを使ったレイズベッドを提案させていただきました。
植栽はキンモクセイの木を含めほぼ再利用となっております。

T’s Garden Healing Flowers‐ウッドフェンスの庭

将来的には残っている地面を、ウッドデッキにする案を提案してあります。
もちろんイペ材で!

T’s Garden Healing Flowers‐ウッドフェンスの庭 
2011/06/27

黄色系の夏花壇

今日は天気予報が外れて、
小雨模様でしたが涼しくて、
花壇の植え込みの作業もはかどり、助かりました。

T’s Garden Healing Flowers‐黄色系の夏花壇

連日ガイラルディアを紹介しておりますが、
今日もメインはガイラルディア。
マイブームと云うわけではなく、
たまたま続いてしまったのです。

お客さまにとっても新鮮で、刺激的であるように、
時にはイメージや色合いなど変えることも必要です。
毎年のことですから、

T’s Garden Healing Flowers‐黄色系の夏花壇

サルビアのあやのピーチやメキシカンハット、
白いサルビアなども使って、
締めにパープルのアンゲロニアです。

遠目が綺麗な花壇に仕上がりました。。。(^_^)v

T’s Garden Healing Flowers‐黄色系の夏花壇 
2011/05/09

庭、一年後!

昨年施工させていただいたk邸に伺いまして、
現況をパシャリ!としてまいりました。

T’s Garden Healing Flowers‐k邸庭

少し前(地震直後)に伺った時はまだ冬の装いでしたが、
今はいろいろなものが、モリモリです。
あれも残った、これも残ったと、
点呼が必要?

T’s Garden Healing Flowers‐k邸庭

手前の鮮やかなブルーはサルビア・スィートエメラルダ。
小さなポット苗ですとこのような姿は想像もできませんが、
根付いて1年も経ちますと、迫力も違い、
存在感抜群です。

T’s Garden Healing Flowers‐k邸庭

こちらの立派な葉っぱは、サルビア・トランシルバニカブルー。
間に挟まった、リクニス・ホワイトロビンも、
入り混じって、健在です。

T’s Garden Healing Flowers‐k邸植え込み